クレジットカード借金返済方法

私は普段から節約を心掛けているんですが一向にお金が貯まる気配がありません。
そう、私はクレジットカード買物依存症で借金返済生活なのです。
通販を見てるとツイツイポチっとなっちゃうんですね。

そして、かったら買ったで放置プレイです。
取り敢えず気になる物は買ってあとは、ほったらかしなんで、家中Amazonの未開封の商品とかも転がっています。

妄想ばかり膨らんじゃって買えば萎えるという超ド級のクレジットカード買物依存症です。

その代わり欲しいと思うものがあれば、その為に出きるだけ節約をします。(笑)
朝ごはん抜いたり、昼御飯も抜いたりと。
コーヒー何かは安いスーパーのコーヒーを飲んだりします。

タバコも吸っていたんですが欲しいものがあるのでやめちゃいました。
かなりのへヴィースモーカーだったのに。
周りは驚いてます。

まぁ、健康的には、良いのかもしれませんが、買物依存症のままではいけないと思います。

なので、一回心療内科か精神科にでもいってみようかと思います。
そこにクレジットカード買物依存症の打開策が、あるならラッキーです。

あとは、買ったものの処分ですね。
本当に使わないものばっかりなんですよ。

フリマで売るか、ヤフオクで売るかしないと部屋が片付かないですしね。
何か紙幣も入る貯金箱が欲しいですね。

参考:借金返済方法クレジットカード

クレジットカード借金返済方法と多重債務

複数の借金を抱えてしまい多重債務となった場合の特徴的な取引状況としては、返済するための新たな借り入れと、借入限度額の天井現象があります。

借金返済方法のための借り入れとは、すでに借りているキャッシングやクレジットカードなどの限度額が上限まで達してしまい、月々の支払いのためのお金を用意できないため、別の会社から借り入れをすることで、なんとか約定入金だけをしている状態です。

天井現象とは、限度額いっぱいまで使い切っている多重債務の特徴的な状態です。
月々の借金返済をしたことによって復活した限度額で、すぐに上限まで借り入れをしてしまう方法です。

キャッシングやクレジットカードが天井に到達すると、新たな借り入れはできませんので、毎月利息だけを払っている状態になり、元金が全く減らないという恐ろしい状況になってしまいます。

最終的には、毎月の借金返済で復活した限度額すぐに利用して借り入れし、そのお金を別の会社の毎月の支払いにあてるという完全な自転車操業状態、つまり多重債務となります。

この状態になってしまうと不測の事態で病院に行くことになってしまったり、急な出費が必要になった場合は対応できなくなりますので、さらに新しいクレジットカードを申し込むことになってしまい、どんどん深みにはまってしまうことになるのです。