家電量販店のパソコンコーナーで売られている機種。

久しぶりに全国チェーン展開する某大手の家電量販店へ行ってきました。
子供のときから思っていたのですが、家電量販店は宝の山で目が輝いてしまいます。
ウインドウショッピング目的で入る人が多いのも頷けますよね。

それでも昔と比べると随分人が減ったのかなぁと思います。
今ではインターネットが普及しましたから、通信販売大手に苦戦しているのでしょうね。

参考:家電買取

私が家電量販店に入ったら、最初にパソコンコーナーへ行く癖があり、「どんな最新の機種が出てるのだろう」とチェックしにいきます。
大体売り出されている機種メーカーはNEC、富士通、東芝がメインで他がちょこちょこという感じですね。
品質の高さが伺えますが、やはり値段もそれなりのもの。特に一体型のデスクトップパソコンはお高くなります。

しかし、ノートパソコンはそれなりにお手頃な値段ですね。
特に一世代前の型落ちノートパソコンとかは値段がさらに安くてお買い得。

さらにそれよりも安い安価用のパソコンも置いてあります。
ASUSなどの海外メーカーやBTOメーカーのパソコンとかがそれに該当するのですが、こちらはディスプレイが別売りだったりオフィスソフトがついてないのが難点。

結局欲しかった型落ち機種が売り切れていたので帰宅。
現行機種がもっと安くなれば買うか検討しようかなと思います。