痩せるための色々な方法

骨盤ダイエットは人気のダイエット方法

最近注目されているダイエット方法に、骨盤ダイエットがあります。
骨盤の歪みによって代謝が滞り、脂肪がついている人は多いようです。
運動などでこの歪みをなくし、代謝を改善するのが骨盤ダイエットです。
骨盤ダイエットは、適切な知識に基づいて行うことが重要だとされています。
要点を抑えれば、劇的なダイエットが体感できるのが骨盤ダイエットの魅力です。
どうして、骨盤のズレを戻すことがダイエット効果につながるのでしょう。
骨盤を適切なポジションに戻すことによって、骨盤に支えられている内臓を安定させ、腹部を正しい形に直すことができます。
骨盤のずれが原因で背筋が曲がり、下腹部が突き出して見えるようになることもあります。
体重を劇的に減らすために骨盤ダイエットをするというよりは、代謝を高めて体の部位を引き締め、プロポーションを整えていきます。
骨盤が開きっ放しだと尻が広がって見えますし、代謝が滞って下半身が水分や老廃物で大きく見えてしまいます。
代謝が下がることでダイエットがやりづらくなり、ちょっとしたことで脂肪がつくようになります。
骨盤ダイエットを行うことで代謝がよくなり、よりダイエットがうまくいく体質にすることが可能だといいます。
骨盤ダイエットを継続することによって下半身をシェイプアップさせ、細身の身体になりたいものです。

139

脂肪燃焼スープの作り方

脂肪燃焼スープを使ったダイエットをするには、まずダイエット用のスープをつくらなければなりません。
案外脂肪燃焼スープの材料はすぐに手に入れることができるので、気軽にスーパーなどで揃えることが可能だといいます。
簡単なつくり方なので覚えやすいといいます。
ベースにはホールトマトの缶詰を使用するのが脂肪燃焼スープです。
まずはザク切りにした野菜とみじん切りのショウガ、ホールトマトを少し大きな鍋に入れましょう。
玉ネギ、セロリ、キャベツ、パプリカ、ニンジンなどの野菜がおすすめです。
高カロリーなので、イモ、カボチャ、レンコンなどはダイエットに良くありません。
鍋の中の材料が、ひたひたになるまで水を加えて、コトコト煮込みます。
野菜が柔らかくなったら、ダイエット用の脂肪燃焼スープの完成です。
何日間かは保存ができますが、もう一度食べる前に温め直すのがおすすめです。
冷凍庫に入れれば、ある程度の期間は保存することが可能です。
作り方はとても単純ですし、そんなに大変なこともないので、たくさんの野菜を切るのはちょっと面倒ですが誰でも作れます。
トマトスープに塩こしょうが基本の味付けですが、カレー粉やチリソースを味に飽きてきたら加えるのもおすすめです。
脂肪の燃焼を促進する成分をたくさん含んだスープを摂取し続けることで、自然とダイエット効果が出てきます。

140

沖縄の食品でダイエット

沖縄では昔から用いられてきたような食品を使ってダイエットをするという方法が、最近ではよく目にします。
亜熱帯地方に位置する沖縄は、豊かな自然から得られる栄養価の高い食材を、独自の方法で調理し、利用しています。
沖縄の食品として代表的なものがゴーヤです。
ゴーヤはビタミンC を豊富に含んでいます。
熱を加えてもゴーヤのビタミンC は損なわれることがなく料理に適した食品です。
ゴーヤのビタミンCは中性脂肪を減らす効果があるのでダイエットにもぴったりの食品です。
紅イモも沖縄の有名な食品です。
紅イモには食物繊維がたくさん含まれており便秘解消に効果があります。
ビタミンやミネラルも紫イモにはたっぷり含まれていますので、お通じがよくない人や、栄養のバランスに不安がある人はどんどん使っていくといいでしょう。
利尿作用もあるカリウムも多いため代謝が活発になり、ダイエットに効果的です。
豚肉は、沖縄料理では積極的に使われている食品です。
質のいいたんぱく質とビタミンB1が、豚肉を食べることが補給することができます。
しまらっきょうという沖縄の食品もダイエットにおすすめです。
しまらっきょうには整腸に良い食物繊維を豊富に含んでいます。
しまらっきょうの辛み成分はビタミンB1と結合してその吸収を助ける働きがあります。
ダイエットで体力が消耗しているときに摂取することで疲労回復の効果があります。
沖縄食品を賢く利用して、ダイエット効果の高い食事メニューにしましょう。

141

モムチャンダイエットとは韓国発のダイエット方法です

チョン・ダヨンさんという韓国のカリスマ主婦である考えたダイエット方法が、韓国で注目されているモムチャンダイエットです。
非常に韓国で話題となったダイエット方法で、日本でも注目されているといいます。
スポーツクラブに産後太りを改善するために通ったという経歴があるチョン・ダヨンさんは、20㎏のダイエットをすることができたといいます。
モムチャンとは韓国語で、一番の肉体を意味します。
ある程度筋肉のついた引き締まった体が美しいとされているのが韓国なので、ダイエットではただ痩せることだけが目標ではありません。
ダイエットをする場合、女性は女性らしく男性は男性らしい体型を保ったままスリムになるのです。
モムチャンダイエットを実践することによって、美しい体型になれるといいます。
フィギュアロビクスというエクササイズを行うのですが、これは脂肪を燃焼させる有酸素運動と、筋肉を鍛える無酸素運動を組み合わせたエクササイズです。
DVDで解説されているものが発売されていますので家庭でそれを見ながらエクササイズを行うのがモムチャンダイエットの基本的なやり方になります。
自宅で好きな時間にダイエットできますので、ジムなどに行く時間がない人でも簡単に取り組むことが可能です。
すべてのダイエットプログラムを終了するのに2か月かかるので、長い期間をかけて行うダイエット方法になるといえるでしょう。
ぜひ韓国発のダイエット方法で美しい体型を手に入れましょう。

142

ふくらはぎダイエットとストレッチ

ふくらはぎが太く見えることが気になって、ダイエットを決行したという人がいます。
ふくらはぎのシェイプアップは、エクササイズやストレッチを積極的に行うダイエットがおすすめです。
ふくらはぎ周りの脂肪を消費させるために、ふくらはぎの筋肉をストレッチやエクササイズで刺激し、多くの脂肪を代謝するように促していきます。
ふくらはぎのストレッチはアキレス腱を伸ばすことから始めましょう。
アキレス腱を伸ばしながら背伸びを何回かすると、ふくらはぎの部分が伸びているのが感じられます。
ふくらはぎの筋肉を動かすことをイメージしながら、つま先の曲げ伸ばし運動をします。
全部で5回、足を伸ばして腰かけた状態で行います。
つま先を曲げる運動が終了したら、足先をぐるぐると手で持って回すよな運動をします。
ふくらはぎのダイエットには、つま先を積極的に動かすことでふくらはぎ周りを刺激することです。
まだ体が慣れないうちは、一通りのストレッチをするとふくらはぎに痛みが出るので、やりすぎないようにします。
筋肉疲労をそのままにしておくと、筋肉が疲れた時に溜まる乳酸が代謝を停滞させますので、疲れは早めに解消してください。
最初はつま先のストレッチを取り入れたふくらはぎのダイエットを実践する場合は、無理をせず、1日に2回程度でも効果が現れます。
ふくらはぎのシェイプアップを効率的にしたいという場合は、アキレス腱やつま先を使う運動を積極的にすることです。
つま先ダイエットでは、体に負担のかからない範囲で日々継続すること目指して、ふくらはぎの筋肉を鍛えます。

143

酵素ダイエットは、体内で低下した代謝を復活させる効果がある

体の中に脂肪が余り、余った脂肪が巡り巡って、お腹まわりにや太ももについてしまう!
ダイエットしなければと考えるきっかけですね。
最も適した方法を利用しないと、苦労が多いばっかりで、効果は望めませんよ。
そんな人には、酵素ダイエットはオススメです。
まずは、何故脂肪が余って来るのでしょうか?
甘いものの食べ過ぎ?
運動不足?
確かにそれもありますが、炭水化物を消費する運動はそんなに過激なものではなくて、有酸素運動という軽い運動です。
例えば、歩いたり、軽く伸びをするだけでも、炭水化物を消費しているはずなのです。
それが、うまくいっていないのは、体の中で炭水化物をエネルギーに変えるための「代謝」という活動が低下しているからです。
摂取された炭水化物は、体の中にある酵素という物質によって、人が活動するためのエネルギーに変えられるのです。
脂肪がつきやすいのは、この酵素の力が落ちているためです。
酵素の力が落ちた体は、食べた炭水化物を処分しきれず、脂肪に変えて貯蔵されてしまいます。
置き場所は、下半身の、お腹や太ももというわけです。
体の中の酵素の力が落ちているのであれば、外からその酵素を補給するのが一番です。
食材や微生物の酵素を利用して栄養素を吸収しやすい形に代謝しておく、
酵素の働きを助けてくれる物質を補給する、
酵素を作るための原料を補給する、
などが改善策につながります。
それらの対策をまとめて実行するのが酵素ダイエットです。

こちらで専門サイトを運営していますので、ご興味があれば一度訪問してみて下さい。
酵素ダイエット効果|減量の仕組みと酵素ドリンク人気ランキング!

144

断食ダイエットは回復食が重要

食事を抜くことよりも、断食の後に何を食べるのかということが、断食ダイエットでは重要だといいます。
ダイエットの成功を決めるのは、食事の内容なのでとくに気を付けたほうが良いといいます。
つい断食ダイエットをするときには食事を摂らないことばかり考えてしまいます。
本当に注意するべきなのは、断食の後はリバウンドを起こしやすい体に変化しているということです。
頑張って断食ダイエットをしたのに、その後でまた体重がリバウンドしてしまったらダイエットが無意味になってしまいます。
断食状態が続いた体はエネルギー不足に陥っており、脂肪を貯め込みやすくエネルギーが燃えにくくなっています。
断食ダイエットの直後に食べたものは、いつもより備蓄脂肪分に回されやすくなっているのです。
急にいつも通りの食事を摂るのではなく、断食ダイエットの後に必要なのは回復食を摂る移行期間というものなのです。
断食を行った期間の2倍の日数をかけて回復食を摂るぐらい注意して食事することが大切です。
移行期間はどんな回復食を食べるのかに注意が必要です。
断食を2日間実践したときには、回復食を4日間摂り続ける必要があるといえます。
回復食のメニューにぴったりなのは消化の良いスープやお粥などです。
時間をかけてよく噛んで食べることと、断食の後は舌が敏感なので薄味を心がけることが大切です。
回復食では食べすぎないように気をつけましょう。
断食後に食べるものがおいしくて、ついつい食べすぎてしまうと、すぐにリバウンドしてしまうので、注意していただきたいものです。

145

中高年からの内臓脂肪ダイエットについて

ダイエットで内臓脂肪を減らしたいという人は多いようです。
年をとるにつれて、代謝の停滞を気にする人は大勢います。
健康状態を保つため、中年以降は体重管理に意識を向けて、ダイエットなどで内臓脂肪が貯まらないよう工夫がいります。
ダイエットで内臓脂肪の代謝を促進したい場合、中年以降の人ならば食事を改善することが第一歩です。
栄養のバランスを考え、油脂の多い食材を減らし、30分を目安に長めに食事をすることが肝要です。
内臓脂肪ダイエット中の食事は朝昼晩と規則正しく3食摂ることが重要です。
お菓子などの間食やアルコール摂取はできるだけ減らすように心がけましょう。
中高年の内臓脂肪ダイエットには腸内環境を整えることも不可欠になってきます。
腸のコンディションに問題があり、お通じが悪くなると、大腸に留まっている物が腐ってしまって、ダイエットに悪影響を与えます。
腸のコンディションが良くなれば便秘も治り、代謝も上がります。
内臓脂肪のダイエットをするには、腸内環境を改善する乳酸菌や、便秘解消にいい食物繊維がおすすめです。
体を動かし代謝を活発にすることも、中高年がダイエットで内臓脂肪を減らすためには欠かせません。
血管の中にある脂肪を速やかに使ってしまうためには、ジョギング、ウォーキングなどの有酸素運動が適しています。
血液中の脂肪がなくなると次に蓄積された脂肪を燃焼するので内臓脂肪が減っていきます。
中高年の人が内臓脂肪ダイエットをする場合には、食事と運動を組み合わせて無理なく行うことが大切です。